チタンでお答えする会社、昭和のウェブサイト

光触媒

光触媒

チタンに関する研究を行ってきた昭和では、酸化チタンを活用する光触媒技術にも取り組んでいます。酸化チタンの定着方法改善をはじめとする高度な光触媒機能をもつ製品製造技術の開発により、実用的な製品への応用に力を入れています。
コンクリートライニング

コンクリートライニング

海洋設備や上下水処理施設などに設置されているコンクリート表面を保護するライニング技術の改善のため、昭和は大成建設と共同開発を行い、全ての溶接部位を二重にすることで高強度の溶接ができる、特殊なライニング構造を開発しました。
色素増感太陽電池

色素増感太陽電池

従来のシリコン型太陽電池の代替材料として酸化チタンを利用した色素増感太陽電池の研究が注目を集めています。昭和ではチタンの材料知力を駆使し、京都大学と連携して色素増感太陽電池の製品化に取り組んでいます。
海洋生物付着防止

海洋生物付着防止

海洋構造物や船底にフジツボなどの海洋生物が付着することで発生する様々な問題解決のため、表面処理をした金属チタンを船底や海洋構造物に貼りつけることで、海洋生物の付着を阻止する技術を考案し特許を取得しました。
知的財産一覧

知的財産一覧

昭和がこれまでに取得した特許の一覧です
contact