チタンでお答えする会社、昭和のウェブサイト

3
■電解銅箔製造用電極 ISR
ISRは、チタンの昭和が開発した、銅箔製造装置用の陽極です。アメリカ、中国、EU諸国など、世界各国で特許を取得した独自技術により、高電流密度、高精度の半円形状、低消費電力を実現しました。

銅箔は携帯電話やコンピューターなどの様々な電子機器のプリント回路基板に使用されており、我々の日常生活になくてはならないものとなっています。

用途

電解銅箔製造プラント用の陽極です。

特徴

■高電流密度
鉛合金電極との差別化を図るため、最大100A/dm2の電流密度に対応できる様に基本設計を行いました。EGL(電気亜鉛メッキライン)で実績のある構造設計を採用しています。

■高精度
電極板の据付位置微調整が可能な構造のため、電解面のR曲面を高精度に再現できます。

■低電力消費
上記二つの特徴により、操業時の電極間距離が最小化され、結果として低消費電力化が実現されました。

その他、電極板をドラム側から着脱できる構造的な特徴を有しています。

品質保証

■高精度の実現
チタン板を曲げて加工しただけでは、精度が悪くて使用できません。世界各国に特許として認められた独自技術によってこの問題を解決しています。
・米国特許  2000年4月 取得
・台灣特許  2000年5月 取得
・中国特許  2003年2月 取得
・韓国特許  2003年4月 取得

会社紹介

株式会社昭和

■所在地:〒630-0142 奈良県生駒市北田原2443-1
■電話番号:0743‐72‐0743
■営業時間:月曜日~金曜日 9:00~17:45

株式会社昭和は、チタン製品を主力として精密部品から大型構造物まで幅広く対応しています。素材知力を活かして最適な材料の選定を行い、積み重ねた経験と実績に裏打ちされた加工技術でお客様のニーズにお応え致します。ここでご紹介しているのは一部ですので、製品をお探しの方は是非一度お問い合わせ下さい。

<保有資格>
第一種圧力容器製造許可
原子力品質認定(B)
機械器具設置工事業
戦略的基盤技術高度化支援事業採択(平成22年度)
ISO9001(2000年度版)
contact